まつ毛貧毛症!?病院でできる治療のケース

2020年01月24日

まつ毛の本数が極端に少なかったり、短すぎるといった状態のことをまつ毛貧毛症といいます。
まつ毛に関する悩みを解決するため、皮膚科クリニックでは様々な治療が行われています。
病院で受けることができるまつ毛貧毛症の治療方法には、どのような種類があるのでしょうか。
病院でまつ毛貧毛症と診断された場合、まず最初に行われるのは生活習慣に関するアドバイスでしょう。
まつ毛が抜けやすい原因が生活習慣にある場合、その見直しを行うことで改善が期待できるのです。
たとえば洗顔やクレンジングによってまつ毛にダメージを与えている、栄養不足や睡眠不足によって抜け落ちてしまい貧毛になっている、ということが考えられます。
抜け毛や切れ毛によって少なくなっている場合、生活習慣の見直しをすれば症状を改善することができる可能性もあります。

生活習慣には問題がないという場合、まつ毛を育毛するための薬を処方するケースもあります。
医療用のまつ毛育毛剤を使用し、成長と発毛を促進させるという方法です。
市販されているまつ毛美容液とは異なり、医薬品として開発されている育毛剤が処方されますので、まつ毛育成に高い効果が期待できるでしょう。
育毛剤で改善が可能なのは、毛が育つもとである毛包が存在している場合です。
毛包そのものが不足している場合、発毛や育毛促進といった治療では改善が難しいということになります。

育毛剤による発毛が期待できないケースについて、植毛を提案している病院もいくつか存在しています。
この治療方法であれば、毛包そのものが不足している場合でも、まつ毛を増やすことが可能です。
植毛の結果、生着をした毛包からはまつ毛が自然に伸びてくるようになります。
通常のまつ毛よりも長く成長してしまったり、生える向きがずれるといったリスクもあるため、慎重に判断をしてから施術を受ける必要があるでしょう。
他のまつ毛と完全に同じように仕上がるわけではありませんが、お化粧やつけまつげのような一時的な対処とは異なり、長いまつ毛をずっと維持できるのが魅力です。

生活習慣改善に関するアドバイスや育毛剤の処方は、数多くの病院で取り扱われています。
植毛による治療を行っているクリニックはあまり多くない傾向です。
どの治療方法が適しているかは、まつ毛が少ない原因によって異なっています。
まつ毛貧毛症を本気で改善したいなら、まずはクリニックで受診をして、まつ毛が少ない原因を調べてみる必要があるでしょう。