ヒトプラセンタで更年期障害も怖くない!

2019年09月20日

50歳前後に訪れる更年期障害は、女性ホルモンの分泌量と大きく関係しています。
女性らしさを司るホルモンであるエストロゲンの分泌量が一気に低下してしまうため、ホルモンのバランスが乱れやすくなるのです。
頭痛やめまいなどの症状があらわれたり、肩こりや不眠などに悩まされやすくなります。
食生活やストレス等によっても症状が左右されるため、予防対策として生活習慣を整えている方も多いでしょう。
しかしどんなに気をつけていても、年齢によるエストロゲン分泌量の低下そのものを変えることは難しいといえます。

疲労感が続いている、肩こりが治らないなど更年期障害の症状に悩んでいるのなら、ヒトプラセンタで対策をするのもひとつの方法です。
胎児を育む胎盤であるプラセンタには、アミノ酸やビタミン、そして成長因子など、さまざまな成分が含まれています。
なぜヒトプラセンタが更年期障害に良いのか、その理由は自律神経とホルモン分泌を調節する作用にあるでしょう。
ホルモンバランスが乱れてしまうと自律神経も整いにくくなり、不眠や疲労感などの健康トラブルが生じやすくなります。
自律神経を整え、健康に必要なホルモンを作り出すことができれば、更年期障害によって生じている様々な症状を改善することができるでしょう。

婦人科クリニックでは、女性ホルモンであるエストロゲンを使った更年期障害の治療が行われています。
分泌量が低下したエストロゲンを補うことで、症状を改善させるといった治療です。
しかしエストロゲンを使用する治療は、血栓症の治療薬を服用している人や心筋梗塞の経験がある人には適用できません。また長期のエストロゲン投与は副作用を生じさせてしまうリスクもあります。ヒトプラセンタは、より安全で手軽な更年期障害対策として多くの人に選ばれているのです。

プラセンタはコラーゲンやヒアルロン酸とならぶお肌の美容成分として知られています。
お肌のアンチエイジング対策として、プラセンタのサプリ等を愛用している方も多いのではないでしょうか。
プラセンタには細胞分裂を促進する成長因子が含まれているため、美肌効果も期待できるのです。
肌細胞の再生を活発化し、天然のコラーゲンやヒアルロン酸を増加させることができれば、内側から若々しい素肌を作り出すことができるでしょう。
エストロゲン分泌量の低下による更年期障害の症状を抑え、さらにお肌も元気にしてくれる、それがプラセンタの素晴らしい特徴だといえます。